不動産担保ローンと無担保ローンの違いはどこに?

不動産担保ローンは事業資金など多額の費用が必要な場合に好適です。無担保ローンは融資額が小さいので個人の生活用資金に好適です。

イチオシ不動産担保ローン情報サーチのメインイメージ

不動産担保ローンと無担保ローンの違いはどこに?

不動産担保ローンは、融資の審査が通れば一度に多額の資金を借入できるというメリットがあります。

しかし不動産担保ローンは、不動産の評価やもろもろの審査、あるいは必要書類をいろいろと揃えるのに手間がかかるという難点があります。

何より、返済不能に陥った場合には、担保物件である不動産を差し出さなければならないというデメリットがあります。

そこで手っ取り早く、消費者金融や銀行、信販会社などの「無担保ローン」を利用しようと考える人がいますが、こちらは無担保なので、融資額も最大で300万円-400万円などと、それほど多くの額を借入することはできません。

不動産担保ローンと無担保融資のローンは、何にどれくらいの資金が必要になるのかを事前にしっかりと見極めましょう。

また無担保融資の場合、返済金利が高めです。

商品概要説明書には利用事例や返済シミュレーションが掲載されていますので、申込を行う前に比較検討しておきましょう。

不動産担保ローンは個人でも法人でも利用できます。

たとえば設備投資や従業員の給与などに使いたい場合は、同じ不動産担保ローンでも法人契約のほうが有利という商品もあります。

不動産担保が法人名義でなくても、担保の対象とすることができます。

不動産担保ローンを利用する場合には、対象となる不動産に抵当権が付けられます。

この抵当権には順位があり、たとえばすでに不動産に複数の抵当権が設定されている場合、順位が低いと不動産担保ローンを受けられないケースがあります。

また抵当権設定や登記費用、保証料、事務手数料など、融資には諸々の費用がかかりますので、諸条件を確認しておきましょう。

商品説明書をみれば、利用事例などと一緒に説明されています。

わからなかったら、ABCサニーの様なローン会社に行って質問してみましょう。

↓気になるワードはこちらから検索↓

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索