キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 不動産担保ローンは、返済計画をしっかりと。 : イチオシ不動産担保ローン情報サーチ

不動産担保ローンは、返済計画をしっかりと。

不動産担保ローンは、融資してもらえる額が大きいだけに、錯覚して使うことだけが先行してしまいます。しかし油断すると担保不動産を失ってしまう憂き目に遭います。

イチオシ不動産担保ローン情報サーチのメインイメージ

不動産担保ローンは、返済計画をしっかりと。

不動産担保ローンには、低金利で多額の資金を借入できるというメリットがあります。

また使い道が自由で、たとえば自動車ローンや教育ローンのように、使途を限定されることがありません。

不動産の規模や価値の大きさにもよりますが、審査が通り融資が実行された後は、借入資金をどのように使っても自由です。

金融機関には商品概要説明書などがあり、ネット検索などでも利用事例や返済例などが表示されていますので、まとまったお金が入用の方はじっくり比較検討しておきましょう。

借入金利は金融機関によって大きく異なります。

低利とはいえ、年利3%や3.5%などという商品もありますので注意が必要です。

ある意味で不動産担保ローンは、一度に多額の資金が借り入れできるため、金利に関係なく即断即決して融資を受けてしまう“錯覚の商品”ということができます。

使うだけ使ってしまって、返済に苦労しているといった事例もよく耳にします。

借入金額(融資額)が多い分だけ、金利が0.1%違うと、返済金額が大きく変わってきます。

返済シミュレーションを使って、たとえば0.1%の違いが、金利にしてどれくらいの額の違いを生むのかを実感しておくべきです。

また不動産担保ローンは、その名の通り不動産が担保になるため、返済不能に陥った場合には、担保物件である不動産を借入先の金融機関に差し出さなければなりません。

このような事態に陥らないためには、事前に融資の使い道や金額をはっきりとさせておき、収入と返済のバランス(収支)をしっかりさせておくことです。

こうしたことが間違いのない返済計画に通じます。

住宅ローンなどの事例では、返済比率が20%-25%と設定されています。

100万円の収入に対して、住宅ローンの返済額は最大で25万円までというガイドラインです。

それ以上の返済額は生活そのものを犠牲にする恐れがあります。

参考にしてください。

↓気になるワードはこちらから検索↓

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索