不動産担保ローンは総量規制の対象外?

不動産担保ローンは、総量規制の対象外となる事例も多くありますが、複数の借り入れがほかにあってそれが心配な方は、借入の1本化を考えると返済に余裕が生まれます。

イチオシ不動産担保ローン情報サーチのメインイメージ

不動産担保ローンは総量規制の対象外?

不動産担保ローンを利用しようとお考えの方の中には、融資の総量規制を気にしている方も多いと思います。

総量規制とは、融資の過剰借入防止するためにできた法律で、“個人が貸金業者から借入する場合”に、一定の制限が設けられている法律です。

具体的には「借入総額が年収の1/3以下」となっていますから、たとえば年収が総額で300万円の方なら、融資の借り入れ総額は上限100万円ということになります。

総額ですので複数の金融機関と取引があって、1社あたり35万円でも、3社や2社を合わせた融資金額が100万円に達していれば、新たな借り入れはできません。

ただし総量規制の対象となるのは個人なので、不動産担保ローンの契約者が法人である場合には対象外となります。

不動産担保ローンの商品を扱っている金融機関には、その多くに法人契約の商品が別途用意されていますので、すでに個人で年収の3分の1に達している方は、法人契約であれば融資を受けられます。

また住宅ローンは対象にはなりません。

不動産担保ローンは、500万円以上、1000万円以上といったように、多額の融資を一度に借り入れる点が魅力です。

担保がある分、無担保ローンより融資額が大きく、金利・年利も安いといったメリットがあります。

法人契約で申込みを行なえば、総量規制の対象外となり資金の使い道も広がるとはいえ、借入金総額が増えることに変わりはありません。

たとえば先の例ですでに100万円を借入していて、新たに不動産担保ローンで1000万円の融資を受けたとすると借入総額は1100万円になります。

先々の返済計画を考えると、100万円分を一括返済するか、借り換えのようなことを行って1本化しておくことをおすすめします。

借り換えには手数料などが別途必要になりますが、返済シミュレーションなどで比較すると、金利負担が大幅に軽減されます。

参考ページ ≫ [http://www.adire.jp/faq/10_07.html

↓気になるワードはこちらから検索↓

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索